絶対音感 相対音感 違い

絶対音感と相対音感の違い

絶対音感というフレーズはよく聞きますが、
もうひとつ相対音感というものがあるのを知っていますか?

 

世間一般の人にしてみれば、
こっちの相対音感のほうがポピュラーなものです。

 

相対音感は、基準の音に対してその後に聴く音が高いのか、
それとも低いのかを見極める感覚のことを言います。

 

絶対音感は、ピアノの鍵盤を見ずに一つの音を鳴らしても、
他の音と比べることなくレとかソと言い当てられますが、
相対音感は今聴いたラの音より低音だからソという風に考えます。

 

これは、特別レッスンをしなくても、
ごく自然とわかるようになる人が大多数で、
それほど専門的な能力ではないのです。

 

絶対音感と大きく違うところはその他にもあります。
例をあげると、相対音感は成人以降でも
訓練することが可能だというところです。

 

小さい頃に一連のレッスンをしてこなかったとしても、
成人してからきちんとした方法で学習すれば、
この感覚を身に着けることが可能です。

 

また、美しい曲、センスが良い曲と感じられるのは、
この相対音感があるからです。

 

言い換えると、音楽をエンジョイするのには
必ず必要な感覚だと言えるでしょう。

 

音楽を職業としている人の大多数も、
絶対音感ということはなくて相対音感を持ち合わせています。

 

相対音感だから音楽に関係する職業に就けないと
言い切れるものではないのです。

 

ただし、相対音感だったとしても、
感覚が優れた人もいますし、ほどほどの人もいますので、
鈍い人のことを「相対音感が無い」と言われることもあります。