人妻からのエッチなメールの出会い 2/2

中出し、ハメ撮り大ハッスル!

接近した人妻と作家の「ハメは、それに所沢ショーイチの報告を持っていきます」という個人のブログを通して、「あとに続いてください」、そして、をおを送ってください。
およそ1週が最初の日付から過ぎた一日です。

- - ---------------------
おそらく、月経は明日終わっているようです。
ショーイチのその翌週の計画は、どんな感覚ですか?
私が会うことができるようである日が、なければなりません …
- - ---------------------

そのような電子メールは届きました。
まっすぐなハメはこの前に時間ぎりぎりに作られません、そして、大変残念でした、しかし、それがゴムハメであったので、今度は長い不在の後密集ジュースを膣へ注ぐことができるようにしてください。
ウヒョー! 私が巡ってきたホイまたはタケルは、賛成に待っていました ♪
しかし、それは「このような仲間のガッの後ついてんなぁがまっすぐなハメ目的であるならば、私が落ち着かなくなるネ」で思われるかもしれません。
ああ、それは本当の通りであるが、よく少し見えたいかもしれません。
したがって、私はしばらく考えて、以下の返事をしました。

- - ---------------------
私はそれを与えます、そして、約束通り電子メール、ありがとう。
さて、その翌週の後半部は、最終期限または会議によって忙しくなるようです。
したがって、一般に、状況は今週の前半に加えられます。
- - ---------------------

中央のだしは、私が1日の間早く回り道においてそれをしたいことを伝えた出演です。
それから、返事は、数分間それをすることなく到着しました。

- - ---------------------
それから、私は月曜日に会いたいです。
私は、現在すぐに本当に会い(汗)たくさえあります
私だけが先日快適になったので、
たいへん今度は(恥)ショーイチのそこでなめさせてください
- - ---------------------

何、それは、スケベである人妻ですか?
これは、かなり2回目のデートを楽しむことができるようです。
その場合には、私がわずかに長い間一緒に均一にして欲しいものは、自然です。
18:00に最後に会ったが、私が早く16:00に今度は電子メールで2時間それより会うように提案する作家。
もちろん人妻、また、キミコはそれに喜んで同意しました。
私はよいです、そして、待ち場所では、それが池袋駅ならびにこの前の待ち点である前に、フクロウはそうです。
私は指定された時間のおよそ5分前に到着しました、しかし、キミコはすでにそこに立っていて、待っていました!
ショール・バッグがコード・フックとしてにある「パイスラ」州。
キミコのGカップ胸は、強調されて、それを巻いて、目立ってい続けます。
ウヒによるっが現在またこんなにかきわけて進むあなた自身の方法があることができますか?
それは、グビビで唾液をのみこんだあと、私が接近した作家でした。
「待って彼を続けて、そして、待ってつきあってキミコをます?」
「いいえ、また、私はちょうどほんの数分前来ました」
私があなたにフっの初期にニャンニャンをなめて欲しいが、1秒。 やりすぎてください。
私が少し不親切にしたかった作家は、低い声でそれを聞きました。
「顔は、あなたがあなたがニャンニャンをなめることを望んで、早くすでに濡れなかったと仮定します」
「あなたはそれを得ます、そして、なぜ、あなたはどを知っていますか?」
それは、非常マーク・クーっです! これは、今日幸せな時間を過ごすことができるようです。
私はヒョヒョヒョイとともにそこから池袋駅北口の階段を登って、5分の散歩のような場所のこの前と同じラブホテルにチェックインします。
自由なタイムが21:00まであるので、私はここの少し5時間未満現在あなたを殺して結構です。
また、コンドームの転機は、今度は、ストライキとボールでありません! 私がそれに合う際にそれを始めて結構であるので、集まったのは、ものでありません!
私は、軽くチャットをした後に別に、シャワーを浴びます。 そして、それは最後にベッドインです。

「私がそれを攻撃するけれども要請があるならば、私は再び無条件でじゃを言います」
「しかし、私はまだ恥じています、そして」
「それは無駄で、貴重な機会です、私は着実にそれを要請します」、そして、
「そして、でもぉ」
「ほら(家)に私があなたがあなたがそうすることを望んだために、あなたにこうして欲しかったことを残念に思いたくないと答えたこと」の後
「私は、はの上で這います」
「したがって、何でも、私が打ったかどうか言います」
「(コクン)
突然舌を中に挿入する重いディープ・キスの最初の行動を起こす作家。
キミコは、ワシを捕えるために底から作家のヘッドの後ろをして、反撃し始めます。
しかし、人は、欲求不満である人妻の性的な希望が怖いです。
学生と彼らの10年代または20代の女性会社員とは異なり、それは、その人の欲求で従順であるかわいいものである場合があります。
それは40才のキミコです、しかし、Hの場合には彼女はまるでちょうどオナニズムを学んだ猿のようです。
私がそのような女性と関係があるならば、作家の電圧は最初にっからトップギアになります。
静まる作家は、この前のような熱い愛撫を批判します。
私はセンターで両方のの胸をかき集めます、そして、私が同時に口で2つの給油口になるとき、キミコは驚嘆して言います。
「な、それは何ですか」
「うーん、私は痛みが万が一ありました」
「ううんはそうでなくて、よいことが初めてそれをためすというそのような感覚をされました」ので、
「それを得たことが、ありませんでした、そして、されました」
「はい、はは、あなたに両方の同じ時間にそれをなめさせることができます。」
「それがそうであるので、そのようなものがあります、そして、キミコの胸は大きいです」
「ふふふは恥ずべきです、私はうれしいです」けれども、
私は、しばらく口で両方の乳首を回した後に、次の劇へ移ります。
「今度は、キミコはじゃで胸をセンターに置きます」
「こは、そのようにありますか?」
「似ていると同時に、少し前に、私はううん(より多くの乳首)を付けて、それをなめます」ので、
「私は、はの上で這います」

手足を伸ばす作家混雑した股の間の手。
チューチューレロレロが両方の乳首をする間、手人として働くことは目的です。
ピチュヌクジュぴっチュー
氾濫時代にすでに申し込んだキミコのニャンニャン。
女性をよく内気であるようにするために技術と手男性で音をたてるのは作家です、しかし、私がつもりであるとき、うんざりする音は反響するかもしれません!
それは、来る際に、非常に長いです。 かんばつの40才の体が扱いにくいとわかったのはキミコです、しかし、私が作家とHで完全に花が咲いたと思われます。
私は、完全にそのような膣の分泌物を指にしがみついて、不規則に親指以外は4本の指の胃で栗色を放らせました。
ところで、それは時々時々強烈に静かに強くて、時々弱いです … 。
リズムと角度の栗色を励ましてパートナーに完全にそれに期待させないようにする作家。
「ああ、あ、それはすでに言われた使用イなし(イ)です!」
キミコが突然手を切り離したので、2つの乳首は左右に作家の入口から逃げました。
気息音を繰り返して、放心状態のために天井をじっと見つめるキミコ。
しかし、それがこことして愛撫を保っているトーコー・ショーでなくて、作家の特集を示すのはこれからであるので。
そう。 それは、強く作家のクンニタイムです。
一員にはすでにいるキミコのニャンニャンは、ずぶ濡れの、激しい栗色攻撃によって泡立ちました。
私は、完全に完全にニャンニャンをなめます。
さらにまた、私は中指と右手の薬指を膣に挿入します。
私は同時に左手を差し出します、そして、博識なレッスンは乳首の凝りですか。
鼻の上部との関係を栗色にしている間、尿道口地域で舌の先端で穏やかです; ペチャペチャ-ペチャペチャ。
私が強さと弱さを加えたのは、性感帯同時攻撃です。
正しく三角形をつくっている間、左できれいな正方形を描くことが誇り高い作家トーコー・ショー。
特殊技能は、そのような場所で完全に示されます。

「それは熱されません、あるようにしましょう、そして、もは好きなものシ(ショーイチすでに)を起こします!」
アエギであることにもかかわらず告白突然の出来事?
ああ、それは一般のものです。
これは、それがたとえそれが初の会議のパートナーであるとしても私が作家を入口にも行かせないが私がピストンをするとき、「してるぜぇっを愛してください!」で考えるために全く一般的であるからです。
それがそうであったために、「私は、私を愛しています」と答えることがキミコをより深い良い感じの感覚に連れていくことは、トーコー・ショーでした。
私がここにすでに来るならば、作家の忍耐は制限です。
私は、ガバっと上り坂(プッシーのジン・ジン)で戦った息子を置きました。
そして、完全に膣の分泌物を棒にしがみつかせている間、私は亀頭で栗色を刺激します。
「それでは、じ、私はそれを持つことができます」
「生にそれをしますはい!」
胴着ぬぴぐチュルジュビゅぷくチュー
私が時間に持っていって、ゆっくりチンコを挿入する作家。
ナメクジのステップのようにイライラさせて、それは速度です。
それは、えぇお湯です、へえ。
熱いニャンニャンの熱は、作家の私の息子を分解するようです。
不規則に置かれる内部の折り目折り目は、親切にチンコの右側と間違った側を刺激します。
私がかつてまだそれに返礼しなかったけれども、放電の前兆は早く来ました。
ああ、私が実際にはそれを焼くならば、だしは瞬く間に貴重な生命挿入アカンの間、終わっています!
最も深い部分にそれを挿入して、しばらくのように運動を保つトーコー・ショー。
そして、私は心臓ですでに死んだ祖父母を覚えています、そして、ペットの犬は17年目当てに結婚しました。
考え込んで …

心臓でそれを嘆かわしいメモリで満たしたことによって少しだけ落ちつくことができた作家。
放電の前兆は、どうにか、去るようでした。
それは、ゆっくりそこからのピストンの始まりです。
ああ、根アカン中のキミコ上りのスケベと私がそれをどちらにも置いている内部に置かない外側である陰唇は、すべてであまりに気分がよいです!
ものがここでリードするとき、私はもうそれをだますことができません。
作家の長年の経験から判断して、それが起こることができるとき、私は戦うことができません。
「すみません、キミコ」
「私は、それを得ます」
「第2はよりその最善を尽くして、私にそのままに見えさせました」ので、
「はいの中にたいへんそれを始めてください」
「あ、ありがとう」
「ふふ、このありがとう」
「じゃ、イくね」
それは、たっぷりたっぷりたっぷりたっぷりたっぷりドプ医者医者医者医者です
スーパー遅いピストンをしている間、ニャンニャンで精液を吐き出したのは、作家でした。
ヒュー。
結局、だしはまっすぐな挿入の間、最高です。
10分以上は連合して、長引いている音を楽しみました。
それから、私は再び軽くシャワーを浴びて、およそ30分の間休んだ後に、第2ラウンドに参加します。
私に胸愛撫、クンニと第1ラウンドより時間がかかって、キミコ・トロっトロを作ります。
キミコは、私が考え始めたとき、私がすぐにそれを挿入するかもしれないかどうか提案しました。

「私は、あなたに今度はショーイチを快適にさせたいです」
「私は、それを得ます」
「私だけは汚いです、私はショーイチを攻撃したいです」ので、
「それから、じが欲しいです!」
ベッドで手足を伸ばすトーコー・ショー。
キス、乳首はそれをなめます、そして、キミコが手コキを愛撫して、ferraとライターはかわいらしいです、そして、彼らは耐えられないです。
しかし、経験の不足であることに関しては、理由またはすべての愛撫プラスは、監督します; 十分によくありません。
したがって、作家はよりヒラのようになりました。
それから、それはパイずりでしょっです!
私は、キミコにまっすぐにベッドに座って、作家の臀部を腿に乗せさせます。 私は、それに国で胸でチンコを拾うように指示します。
最初の姿勢について困っている間、作家の指示に従って動くキミコ。
「それから、ふざけたっとは、国に唾液をしたたらせます」、そして、
「こは、そのようにありますか?」
「そうちんちんに唾液を塗ってください」
「私は、はの上で這います」
「それから、あなたは胸を置いて、腹筋運動をします」
「はい」
「それから、ゆっくり両手で胸をあちこちに動かしてください」
それは、おふです!
こんなに何に関してのくつろぎでも! キミコのGカップ胸像の中で包まれる私の息子は、叫び始めます。
それは、まっすぐな挿入よりちいいんじゃを万が一感じています?
ライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブと実際にはライブとそのままのライブとそのままのライブとそのままのライブとそのままのライブとそのままのライブとそれとしてのライブへの貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困への貧困は、そのままです; イギーは、実際にはたいです!
しかし、私は「より一生懸命に第2をためす」と約束したかもしれません先日。
ものは、ベッドの上のHである見込みを打破するために、作家の辞書で見かけません。
ネックラインがワシを捕えるためにされる間、私はあなたにどうにか、パイずりを止めさせます。

「じゃ、こんなに来る」、そして、
「私は、それを得ます」
そして、「私は、この場所で洗面台へのハンドルに臀部をぶつけました」
「私は、はの上で這います」
「あなたは若干の足を広げて、ウエストを落とします」
「こは、そのようにありますか?」
「あなたはそれをOKして、それから、それを置いたのでミラーはいの自分に会います」
ズブジュプヌちゅぐじゅヌー
私は立っています、そして、中で挿入スタートは戻りますか。
「すは大きいです、そして、しっかりした人はショーイチ深さで深さに達します」
「このよいこと」
「感覚は、非常に良い賛成賛成すです!」
「私はほら(鏡)においてそれを見て、大きなうんざりする顔をします」
「あ、アンとヤダは、恥じています」
「自慢してください、私がそれを見ないとき、ピストンはよく止まります」
「そ、それヤダ」
「だったらしっかりに遭遇する表面、そして、その人のスケベです!」
激しく単語攻撃でウエストを振るトーコー・ショー。
sは、長い不在の後スイッチを入れられました。
戻り後背位さえひどくベッドにウエストをぶつけて、最後でその後広い臥位で大量の精液をキミコのプッシーに振りかけることができました。
ヒュー。
それは、予想外に激しいHになりました。
アラウンドフィフティーの作家に関しては軽率に少し行ったのは、感覚です。
マールスティックをしている間、熱い睦言をしてください、そして、およそ1時間短い休みをとってください。
そのうえ、私が軽くシャワーを浴びたあと、それは第3ラウンドへの突入です。
率直に言って、私が短い時代に3ラウンドを実行するとき、それはその翌日に鳴ります。
しかし、それは貴重なまっすぐなハメからのだしの機会です。
わずか2ラウンドでそれを終えるとき、私はそれの支払いをします。
それはこの機会でした、そして、作家は重要なものを覚えていました!
キミコは「ハメをして」、をを認めました。
私は、今日、バッグにビデオ・カメラをもたらしました!
「顔があなたが貸されるかどうかにかかわらず、第3がハメをすると見積もらないで、じゃをそれにしないのはコースのためです、キミコ」
「はい、それはよいです」
したがって、それは第3ラウンドがハメをする間、それがされたということです、そして、それをしてください。
私は、それをまっすぐなペニスを挿入する州へのカメラと作家の精液がよく中央のだしの後ニャンニャンからあふれ出た国に置くことができました。
私は何十もの時代とハメをします、そして、作家トーコー・ショーはここまでそれ、しかし、ハメが中央のだし性交に持っていって、こんなに初めてトライにするものを持っていました。 カメラがある手は、印象で震えました。
いつか「私は所沢ショーイチのハメをします、そして、始めに、私を紹介した作家の個人のブログはこの時にレポートのハメ・ノブりの目的を示しそうです」。 もちろん、キミコはいいしてくれたらの話です。
このように再び新しい人妻セフレを得た作家。
おなじみのセフレと計画があなたに会うことができるためにシステム場所で新しくそれを取り戻すことを打たないで、続けたいように、それを調節するのは難しいです。
ペニスが乾く時は、それがない州において正しいです。
ウヒョー!
素晴らしい問題について話しません?
技能のそのような欠如さえ、有効である場合があります。
私が生きるならば、技能のそのような欠如さえ楽しみである場合があります。
私は、ちょうどちょうど世界で自分への出生にそれを与えた両親に感謝します。